「NURO光に乗り換えたいな」
「東京で、NURO光以外におすすめの光回線はどこ?」

下り最大2Gbpsと高速回線で人気の高いNURO光。

北海道から九州まで展開している回線ですが、実は東京の全ての地域で利用可能というわけではありません。

本記事では、東京で最新版のNURO光が利用可能なエリアを紹介し、もしもNURO光が提供エリア外だった場合のおすすめの光回線についても解説していきます。

また、記事の最後ではNURO光の申し込み前に知っておきたい、よくある質問に回答しています。

それでは、見ていきましょう。

NURO光の東京での速度は?

まずは、東京都内で提供されているNURO光の通信速度を調査してみました。

東京都の光回線 投稿件数 下り平均速度 上り平均速度 Ping値
NURO光 3,770件 357.17Mbps 348.66Mbps 9.6ms
auひかり 2,069件 300.6Mbps 260.89Mbps 11.54ms
ソフトバンク光 7,755件 164.09Mbps 142.1Mbps 18.05ms
楽天ひかり 1,554件 125.83Mbps 124.27Mbps 30.26ms
So-net光プラス 1,139件 141.57Mbps 157.37Mbps 16.06ms
(みんなのネット回線速度より引用 2020年6月5日時点)

東京エリアの光回線のおすすめ5社の平均速度を表にすると、上のようになります。
NURO光の通信速度は他社を圧倒していることが分かりますね。

速度だけでなく、Ping値にも注目してみてください。

これは「応答速度」と言い、数値が小さければ小さいほど応答速度が速く、安定した高速通信ができると言うことを意味します。

特にオンラインゲームをする人は重視したい数値です。
NURO光は、このPing値を見てみても、高速であることが分かりますね。

ちなみに、NURO光の広告で「下り最大2Gbps」というのを頻繁に見かけますが、この2Gbpsというのは「ベストエフォート値」であるため、実際に利用する際に出る速度とは異なることを覚えておきましょう。

東京のNURO光の対応エリア一覧はこちら

光 地域

実はNURO光は東京都の全域に対応しているというわけではなく、23区外の一部の地域では、サービスを提供していません。

2020年3月時点での東京都内でNURO光に対応している地域は下記の通りです。

千代田区 中央区 港区 新宿区
文京区 台東区 墨田区 江東区
品川区 目黒区 大田区 世田谷区
渋谷区 中野区 杉並区 豊島区
北区 荒川区 板橋区 練馬区
足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市
立川市 武蔵野市 三鷹市 青梅市
府中市 昭島市 調布市 町田市
小金井市 小平市 日野市 東村山市
国分寺市 国立市 福生市 狛江市
東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市
多摩市 稲城市 羽村市 あきる野市
西東京市 西多摩郡瑞穂町 西多摩郡日の出町

都心部を中心にサービスが提供されています。

23区内であれば、全て提供地域となっていますね。

反対に、東京都内であってもNURO光が利用できない町村には、以下があります。

NURO光 未対応地域
西多摩郡檜原村 西多摩郡奥多摩町 大島町 利島村
新島村 神津島村 三宅島三宅村 御蔵島村
八丈島八丈町 青ヶ島村 小笠原村

対応エリアであっても契約できない場合があります

光 地域

自分の家がNURO光の対応エリアの市区町村にあったとしても、住宅環境や場所によっては、提供できないと言われてしまうこともあります。

そのため、提供エリア内であったとしても必ず事前に自分の住所でNURO光が使えるか確認しましょう。

公式サイト「提供エリアの確認ページ」に住所を入力することで、利用可否を確認することができます。

また未対応地域であっても、今後サービス提供が開始される可能性はあるため、「東京都内なのに、提供エリア外だった…」という人も、落胆する必要はありません。

NURO光は日々提供エリアを拡大しているため、例え現時点で未対応だったとしても、今後サービス提供が開始されることが考えられます。

自分の地域でNURO光が開始されたお知らせを受け取るページで住所を登録しておけば、その住所でNURO光のサービス提供が開始された場合、連絡をもらえます。

NURO光の料金はキャッシュバックも含めるとかなりオトク

NURO光の月額料金は、以下の表のようになっています。

住居タイプ 戸建て マンションミニ
月額料金 4,743円 4,743円
キャッシュバック後実質2年間月額料金 2,993円 2,993円

利用者の多いフレッツ光は回線+プロバイダで6,000円前後が目安となっているのに対して、NURO光は回線+プロバイダで5,000円を切るという、割安な月額です。
「キャッシュバック後実質2年間月額料金」という項目があるのが分かりますね。

最大8.3万円のキャッシュバック

実は、NURO光では提携している代理店で申し込むことによって、高額キャッシュバックをもらうことができるのです。
具体的にいうと、NURO光の正規代理店「スローダイニング」を利用することで、利用するサービスの数に応じて、以下のように最大83,000円のキャッシュバックを受けることができます。

  • インターネットのみ…最大42,000円
  • インターネット+電話…最大58,000円
  • インターネット+電話+指定オプションサービス…最大83,000円

表内にある「キャッシュバック後実質2年間月額料金」というのは、スローダイニングでインターネットのみを申し込んだ場合、実質の月額料金は「2,993円」にまで抑えられるということです。

ちなみに「オプションサービスの申し込みなし」でキャッシュバック 42,000円を受け取ったと仮定した場合、表にもある通り月額料金は「2,993円」にまで抑えられます。

下り最大2Gbpsを約3,000円で2年間使えるというのは、驚きですね。

最大速度は下り最大2Gbpsと他社より高速な上に、月額料金は約3,000円と、他社より割安なのは嬉しいポイントですね。

東京でNURO光に契約できない場合におすすめの光回線はこちら

東京都内で、もしもNURO光の提供エリア外に住んでいる場合には、回線速度と月額料金の安さ、お得なキャンペーンから以下の4社の利用をおすすめします。

  • ソフトバンク光
  • 楽天ひかり
  • So-net光プラス
  • auひかり

各回線の特徴や料金、キャンペーンについて詳しく解説します。

ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを家族で使っている人におすすめな回線が、ソフトバンク光です。

その理由は、ソフトバンクのスマホとソフトバンク光をセットで利用すると、セット割引を利用できるからです。

基本の月額料金を見てみると以下のようになっています。

住居タイプ 5年契約プラン 2年契約プラン キャッシュバック後実質2年間月額料金
戸建て 4,700円 5,200円 4,158円
マンション なし 3,800円 なし

例えば家族にソフトバンクユーザーが2人いた場合、月々2,000円月額料金が安くなる計算になります。

また、NURO光同様、ソフトバンク光も公式代理店経由で申し込むとさらにお得なキャッシュバックを受け取れます。

代理店のポケットモバイルから申し込むと、以下のメリットがあります。

  • 違約金最大100,000円負担
  • 開通までの間のポケットWi-Fi無料貸し出し
  • 現金キャッシュバック

ひとつずつ説明します。
はじめに、違約金最大100,000円負担というのは、他社からソフトバンク光へ乗り換える人を対象に、乗り換え元の違約金をソフトバンク光が100,000円まで負担してくれるというものです。

もしも契約期間中であっても、このサービスを利用することで、時期を気にせずに乗り換えられるということです。

次に、開通までの間のポケットWi-Fi無料貸し出しというのは、ソフトバンク光の申込者を対象に、ソフトバンクが開通までの期間、ポケットWi-FiもしくはSoftBank Airを無料で貸し出してくれるというものです。

というのも、光回線は、どうしても申し込みから開通まで1,2ヶ月かかってしまうのです。

開通までの期間、インターネットがないと困るという人へ向けたサービスなのです。

現金キャッシュバックについては、以下の3タイプから好きなものを1つ選べるというものです。

オプション加入
38,000円
利用開始から10ヶ月経過で
31,000円
インターネット加入時
25,000円

ソフトバンク光のような光コラボ業者のキャッシュバックでは、「転用・業者変更の場合はキャッシュバックなし」というケースも多い中、転用や業者変更であってもきちんとキャッシュバックをもらえることが高ポイントです。

楽天ひかり

最近特に注目が集まっているのが楽天ひかり。

まずは楽天ひかりの月額料金を見てみましょう。

楽天ひかりの月額料金は、以下の表のようになっています。

《楽天ひかりの月額料金》

住居タイプ 戸建て マンション
3年契約プラン 4,800円 3,800円
3年契約「UN-LIMITキャンペーン」 12ヶ月無料 13ヶ月目以降4,800円 12ヶ月無料 13ヶ月目以降3,800円

楽天ひかりで特に注目したい点が12か月間無料のキャンペーンです。

また、光回線だけではなく、楽天モバイルの格安スマホも同時に1年無料になるキャンペーンをやっています。

ちなみに、これ、1年間に換算すると大体9万円後半ものオトクに。

とっても魅力的なキャンペーンですね。

キャンペーンは正直いつ終了するか分からないので期間限定のこの間に申し込みされてはいかがでしょうか?

So-net光プラス

So-net光プラス
高速で評判なプロバイダSo-netが提供元のSo-net光プラス。

So-net光プラスは、高速で評判なプロバイダーSo-netが提供元なので、快速なインターネット利用を期待できます。

ちなみに月々の料金は次の通り。

住居タイプ 12カ月目まで 13カ月目以降 キャッシュバック後実質2年間月額料金
戸建て 4,580円 5,580円 4,455円
マンション 3,480円 4,480円 なし

月額料金については、戸建て/マンションタイプともに12カ月間、毎月1,000円の割引が適用されます。

次にキャッシュバックのご紹介です。

キャッシュバックの詳細
  • 全てのオプションに加入した場合・・・25,000円
  • 通常のオプションに加入した場合・・・20,000円+3,000円
  • インターネットのみ・・・15,000円+3,000円

とてもオトクなキャッシュバックですね。

また、24,000円の開通工事費を月賦で請求する代わりに、毎月同額を割引して実質の工事を無料にするサービスを行っています。

さらに、通常月額400円がかかる、IPv6という高速通信に対応した無線ルーターを、1年間無料でレンタルできます。

電話サービスも同時に申し込んだauスマホユーザーであれば、auスマートバリューで割引も受けられます。

このようにスマホ割引があり、オトク感が高いですが、月額料金が13か月目以降に高くなるのだけがネックです。

auひかり

auひかり

auひかりはau独自の回線です。

独自回線ということで回線利用者が少ない分、速度が速い回線を利用可能です。

auひかりの月額料金は、以下の表のようになっています。

住居タイプ 3年契約プラン 2年契約プラン 縛りなしプラン キャッシュバック後実質2年間月額料金
戸建て 5,100円 5,200円 6,300円 4,783円
マンション なし 4,050円 4,050円 なし

ちなみに、プロバイダーは以下から選ぶことができます。

auひかり提携プロバイダー
au one net、@nifty、@T COM、ASAHIネット、So-net、BIGLOBE、DTI、リンククラブ、楽天ブロードバンド、GMOとくとくBB、SmartLINE、エディオンネット、メガ・エッグ

プロバイダーは別途契約ではなく、月額料金の中に含まれているので安心して下さい。

auひかりのキャンペーンについては次のようになっています。

  • 他社違約金最大30,000円負担
  • 10,000円キャッシュバック
  • auスマートバリュー

ソフトバンクは最大10万円まで解約違約金を負担してくれるので、30,000円は比較すると少ないと感じるかもしれませんが、30,000円以上違約金が発生することは少ないのでオトクですね。

ただし、auひかりで違約金を負担してもらうにはオプションの加入などが必要なので条件がハードです。

加えて、スマホ割引を受けるにはauの電話サービスに加入しないといけないのでソフトバンクよりもハードルが高くなっています。

東京でNURO光に申し込みする人によくある質問

光 よくある

最後に、東京でNURO光を申し込む際によく寄せられる疑問などに答えていきます。

Q.NURO光のキャッシュバックはどのようにして貰えますか?

本記事でおすすめする公式代理店「スローダイニング」から申し込む場合、キャッシュバックの受け取りは2回の手続きが必要になります。

1回目は、「So-net」への手続きです。

So-netからは、ネットのみの申し込みの場合19,000円、ネットと電話を申し込みした場合25,000円のキャッシュバックが受けられます。

7カ月ほど継続利用した段階で、So-netからキャッシュバック受け取りのためのメールが届きます。

メール内容に沿って口座登録など手続きを完了させると、キャッシュバックがもらえます。

キャッシュバック受取手続き期間は45日間なので、メールが届いたら早めに手続きを済ませましょう。

2回目は、「スローダイニング」への手続きです。

スローダイニングからは、申し込み状況により以下のキャッシュバックをもらえます。

  • NURO 光 2Gv…23,000円
  • NURO 光 G2V + NURO 光でんわ…28,000円
  • NURO 光 G2V + NURO 光でんわ + 指定サービス…53,000円
  • So-net会員番号の末尾が 『3』か『7』の方が当選する抽選キャシュバック…5,000円

開通月から6ヶ月目の末日までに、スローダイニングに電話でキャッシュバック申請手続きをすることで、受けられます。

確認のとれた翌月の20日に指定口座へキャッシュバックの振込があります。

それぞれ申請時期が異なるため、もらい忘れの内容にしましょう。

Q.東京だとNURO光に契約している人が多いから遅くなることはないですか?

光 速度

あります。

ネットの回線は同時に接続している人が多ければ多いほど遅くなります。

それはNURO光も他の回線も同じことです。

夜間や休日などインターネット利用が多くなる時間帯は、やはり通信速度が落ちてしまします。

ただし、フレッツ光や光コラボは同一の回線を利用しているのに対し、NURO光は独自の回線を利用しています。

また、最大速度が他社の2倍の2Gbpsを誇っています。

通常よりは遅くなるとはいえ、やはり同時間帯の他社回線と比較すると高速という結果になることが予想できます。

Q.NURO光でも遅くなっている事例を見るんですが、何が原因だと思いますか?

光 遅い

NURO光が遅い場合の原因は、以下の4つが考えられます。

  • 回線が混雑している
  • LANケーブルが合っていない、劣化している
  • ルーターが高速通信に対応していない
  • 通信障害が発生している

それぞれの原因の対処方法を見ていきましょう。

回線の混雑についてですが、これは上記の質問でも見た通り、インターネット利用者が多くなる時間帯だと避けて通れません。

大容量のデータ通信は混雑する時間帯を避けるなど工夫をしましょう。

有線接続の場合、LANケーブルがNURO光の規格に合っていなかったり劣化していたりして速度低下につながっていることが考えられます

LANケーブルは利用回線によって適切な規格があります。

NURO光の場合は、2Gbps対応「カテゴリー5e以上」に分類されるLANケーブルを利用しましょう。

また、ケーブルそのものが劣化していて速度が遅くなることもあります。

LANケーブルが古くなっていたり、傷ついたりしていないかを確認しましょう。

LANケーブル同様、ルーターも回線によって適した規格があります。

NURO光の場合は、「11ac」に対応しているルーターが適しています。

NURO光のONUやルーターについては次の質問で詳しく説明しています。

最後に、NURO光で通信障害やメンテナンスが発生している場合も、まれにあります。

もしも通信障害が発生していた場合は復旧を待つしかありません。

NURO光公式サイトでは障害情報やメンテナンス情報をリアルタイムで確認できます。

Q.NURO光ってルーター買う必要がないって本当ですか?

本当です。

光回線を申し込むとONU(光回線終端装置)を貸し出されますね。

NURO光で提供しているONUには、Wi-Fiのルーター機能も同時搭載されているのです。

そのため、別途ルーターを購入する必要はありません

ちなみに、現在NURO光で貸し出しをしているONUは以下の6種類があります。

機種 無線LAN下り最大通信速度 無線LAN規格 周波数
ZXHN F660T 450Mbps IEEE 802.11
a/b/g/n
2.4GHz
5.0GHz
HG8045j 450Mbps IEEE 802.11
a/b/g/n
2.4GHz
5.0GHz
HG8045D 450Mbps IEEE 802.11
a/b/g/n
2.4GHz
5.0GHz
ZXHN F660A 1300Mbps IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
2.4GHz
5.0GHz
HG8045Q 1300Mbps IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
2.4GHz
5.0GHz
FG4023B 1300Mbps IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
2.4GHz
5.0GHz

ONUによって最大速度が異なることがわかりますね。

規格「IEEE 802.11a/b/g/n/ac」に対応していると、無線LAN接続時でも1300Mbpsまで出ます。

残念ながら、申し込み時にONUの機種選択はできません。

ただし「速度が遅い」などの不具合があった場合には無料で交換が可能です。

ルーター機能を使ってみて、遅く感じた場合には交換してもらうのも一つの手です。

Q.NURO光の次に東京でおすすめの回線はどこですか?

速度で見るとauひかり金額でいうと楽天ひかりです。

上でも見た通り、auひかりは独自回線を利用してサービス提供をしているため、フレッツ光や光コラボに比べて回線の混雑の影響を受けにくいです。

冒頭の実測値の平均表を見ても下り「300.6Mbps」と、NURO光に次ぐ高速を出しています。

そのため、高速回線を求める場合はauひかりをおすすめします。

速度はそこそこあればいい、とにかく安さ重視という人には楽天ひかりをおすすめします。

1年間、無料で利用可能というのは楽天ひかりならではのキャンペーンで、これ以上安い回線はありません。

また、2年目以降の月額料金もプロバイダ料含め戸建て4,800円、マンション3,800円と割安になっています。

速度に関しては、NURO光やauひかりに比べると劣りますが、それでも上下最大1Gbpsなので高速です。

上記のことから、速度重視の方にはauひかり、料金重視の方には楽天ひかりをおすすめします。